伊豆木人形クラブ

メッセージ

飯田市の三穂地区には江戸時代に小笠原氏というお殿様がいました。小笠原氏は領民が文化的な娯楽を楽しめるようにと、領民に人形の頭を分け、三穂地区に人形劇が根付きました。現在、そんな伝統人形を三穂の子どもたちが練習し、守り伝えています。子どもたちの頑張りをぜひ見に来てください。

演目紹介

傾城阿波鳴門 順礼歌の段

劇団DATA

対象 中学生〜大人

技法 3人遣い

上演日程

  • 8月7日(土) 9:30 上久堅公民館
  • 8月8日(日) 10:00 三穂小学校