いいだ人形劇フェスタとは

いいだ人形劇フェスタは、だれもが参加できる、日本最大の人形劇の祭典です。

いいだ人形劇フェスタは毎年8月上旬に開催され、全国・世界から約300劇団が一堂に会し、約140会場で、400以上の公演が繰り広げられ、のべ4万人が人形劇を鑑賞します。運営は2,000人の市民スタッフが担っています。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

テーマ

理念

みる・演じる・ささえる わたしがつくる トライアングルステージ

  • みる 演じる ささえる
    みて、演じて、ささえて豊な心がはぐくまれる。キーワードは創造。
  • わたしがつくる
    自分の想いもみんなの想いも大切に。参加する一人ひとりの自発活動。
  • トライアングルステージ
    みる人、演じる人、ささえる人の気持ちがつながる協働活動。

フェスタがめざすもの

  • 人形劇をみたり、演じたり、ささえたりすることで心が豊かになること。
  • 人形劇が発展し、地域の文化がさらに高まり、まちが元気になること。
  • いろいろな人たちと出会い、ふれあい、学び合い、みんなが理解を深め合うこと。

参加証ワッペン方式

ワッペンはみんなでフェスタをつくるシンボル

人形劇をみる人も、演じる人も、そしてスタッフとして働く人も、みんなが参加証ワッペンを購入し身につけて参加します。その収入がフェスタを支えています。

※ワッペンの着用は3歳からです。ワッペンを提示すれば有料観劇券の必要な公演以外はいくつでもみることができます。参加証ワッペンは、各公演会場や飯田文化会館、市内各公民館などで販売しています。

参加方法

主な事業

多彩な人形劇を上演

ひとことで人形劇と言っても種類はさまざま。伝統の人形芝居、世界の人形劇、ファミリーで楽しめる人形劇、企画公演、ワークショップなど、どんな人でも楽しめる人形劇を飯田市とその近隣町村の各会場で数多く上演しています。
人形劇公演

楽しい企画も満載

パレードや人形展示、スタンプラリー、グッズ販売など企画や関連イベントが盛りだくさん。フェスタをもっと楽しみましょう。
企画・関連イベント

まち中が舞台

フェスタ期間中は飯田市20地区の公民館や学校などで公演が行われ、飯田の多くの会場で人形劇がみられます。
地区企画公演

一年中わくわく

フェスタ期間以外の360日も人形劇でわくわくできるように、年間を通じて様々な取り組みが行われています。
人形劇関連事業

マスコットキャラクター

いいだ人形劇フェスタの公式マスコットキャラクター「ぽぉ」を紹介します。
「ぽぉ」とは?

 

もっと深掘り

これまでの歩みや受賞歴、歴代ポスター&ワッペン、フォトギャラリーなど、フェスタの歴史に関する資料はこちらをご覧ください。
記録・アーカイブ